alert icon CORONAVIRUS
交通アクセス
所在地
Hong Kong Adventist Hospital,
40 Stubbs Road, Hong Kong
電話
(852) 3651 8888
4001 206 016 (中国フリーダイヤル)
ファックス
(852) 3651 8800
メール
ウェブサイト
X
Dr Edward Lai - 胃の痛みと急性膵炎の前兆
 

急性膵炎の症状は他の消化器系疾患と似ています。早期に適切な治療を受けないと、突然起こる膵臓の炎症は痛みや不快感をもたらすだけでなく、生命を脅かすような重篤な疾患の起因になることもあります。急性膵炎の疑いがある場合は、すぐに医師の診察を受けることが大切です。


急性膵炎は、突然起こる膵臓の炎症で、軽度から重度まであります。急性膵炎はよくある疾患ですが、隣接 する臓器に害を及ぼすこともあります。よくある症状として、背部にまで広がる上腹部痛、吐き気、吐き戻しなどがあります。しかし、これらの症状は他の消化 器系疾患とよく似ているため、軽い胃の病気や胆嚢の問題と勘違いされてしまうことがあります。

 

膵臓は胃の裏側深くに位置しているため、急性膵炎の診断を下すには従来の臨床診断法のほかに、血中のアミラーゼやリパーゼの数値の検査や、画像診断を行います。

 

胆石-膵炎の主原因

 

急性膵炎にはいくつかのリスク要因がありますが、総胆管へ移動した胆石が膵管を塞いでしまうことが主原因であり、香港では約70%を占めます。

 

膵管と胆管は膵臓と胆嚢を それぞれ十二指腸へつないでいます。これら二つの管の十二指腸での合流点を胆石が塞いでしまうと、膵臓から作り出される消化酵素が膵臓に逆流し、膵臓の組 織を消化してしまいます。その結果、膵臓壊死(組織が死ぬこと)、仮性嚢胞(嚢胞に似たような液体の溜まった空洞)、さらには臓器不全を引き起こしてしま います。もし治療が間に合わないと、命の危険さえ伴ってきます。

 

胆石以外に 考えられる一般的なリスク要因は、過度の飲酒です。アルコールはたんぱく質が膵臓の管に沈殿する原因となり、局所的な膵臓の拡張と線維化を引き起こしま す。しかし、膵臓疾患の約2/3が過度の飲酒が原因である西洋の国々と比べて、香港ではアルコール性膵炎はまれであり、全体の約20%のみとなっていま す。

 

 

内視鏡を使って膵管を浄化する

 

急性膵炎と診断された場合、膵液の分泌を最小限に食い止めるために飲食を断つ必要があります。静脈点滴(栄養素、水分、電解質)と炎症を和らげる痛み止めの薬で治療していきます。

 

通常、絶飲絶食を始めると膵臓は徐々に回復していきま すが、胆石による急性膵炎を完治させるため、総胆管にある石を取り除くことをすすめられます。急性膵炎発症後24時間から72時間以内に、喉から内視鏡を 胆管もしくは膵管に挿入します。レントゲンで石の位置を確認するためにX線造影剤を注入し、その後石を取り除きます。この治療法は内視鏡的逆行性胆道膵管 造影(ERCP)と呼ばれています。再発のリスクを下げるためにステントが挿入されることもあります。

 

急性膵炎を防ぐ最も良い方法 は、飲酒を止め、健康的な生活習慣と食事を維持することです。もし胆石があると診断された場合、他の病気を併発しないよう胆石の治療をすることが望ましい のです。また、低侵襲手術による膵切除術も選択肢の一つであり、究極の治療法と考えられています。

 

上腹部痛の症状がある方は医師の診察を受けることが大切です。もし膵炎と診断された場合、医師はそれぞれに最適な治療方法をアドバイスすることでしょう。


Source: Dr Edward Lai, Specialist in General Surgery at Hong Kong Adventist Hospital – Stubbs Road